年末年始・冬休み・お盆時期の格安航空券のポイント

- 年末年始・冬休み・お盆時期の格安航空券のポイント

サクラの季節

年末年始・冬休み・お盆時期の格安航空券のポイント

国内旅行で料金が高いのは帰省シーズンや旅行に向いている季節です。冬の季節ならば、年末年始とか冬休みがそのシーズンになります。この記事では【年末年始・冬休み・お盆時期の格安航空券のポイント】について解説します。この記事を参考にして、できるだけおトクな料金で旅行を楽しみましょう。

冬の時期は他の時期と比較した場合、早割でも割引率が低い!

航空券の料金が高値に設定されています。早割を使っても割引が適用されない正規運賃のノーマルチケットと変わりません。では格安航空会社(LCC)はどうでしょうか?悪い時間帯ならば、おトクになりますが、良い時間帯のフライトを選ぶと決して安くなりません。

スケジュールが調整できるならば日にちをズラしましょう。

年末年始や学生の冬休みの時期を旅行する場合に、安くするためには旅行や帰省の日にちをずらすことです。毎年少し違いますが、年末年始は祝日になっている12月23日から航空チケットの料金が上がります。そして12月27日以降はとっても高い運賃になります。だから帰省する日や旅行する日を12月22日までにずらすことです。これだけで数千円も安くなります。

日本航空や全日空でなくて、スカイマークやスターフライヤーを使う!

どちらも料金を検索してみるといいです。日本航空や全日空よりも安くなりますから、路線が利用できるならばスカイマーク・スターフライヤーを使う方法もあります。いずれも座席は取り合いになりますから、まずは予約できるかどうかが大事です。

お盆の時期も航空運賃は高い水準です。

帰省や旅行も多いですし、学生は夏休みです。早割が発売されてもすぐに売り切れてしまいます。
この場合も予定が立てやすい時期ですから、スケジュールを変えることです。有給休暇が残っているならば、それと使う方法もあります。

そして、最近は夏休みをずらして休暇を取る企業も増えています。積極的に分散の休みを取るようにすれば旅行も安くゆけます。

いかがでしたでしょうか?

年末年始・冬休み・お盆時期の格安航空券のポイントですが、まずは早割で確保する方法ですが、スカイマークなどを利用する方法も考えてみましょう。スケジュールをずらすことを一番お勧めします。航空運賃だけでなく現地の宿泊代も違ってきます。現地も混雑しますから、ゆったりとした旅行は難しいですからスケジュールを前後にずらすことが一番です。そして、国内パッケージツアーを検討するといいです。格安航空券を使うよりも団体割引のほうが安いケースも少なくありません。ホテルや旅館も確保しやすいです。航空会社や旅行会社のツアーも検討してみてください。