「早割」を購入するタイミングはいつがいいのか?

- 「早割」を購入するタイミングはいつがいいのか?

サクラの季節

「早割」を購入するタイミングはいつがいいのか?

国内出張や国内旅行をする場合で飛行機を利用することがあると思います。その場合は格安航空チケットを入手する支出費用が少なくなります。典型的な格安航空券が早期割引運賃である「早割」です。実際には、多くの種類があります。いつから予約すればいいのか分からない人もいるでしょう。今回は【「早割」を購入するタイミングはいつがいいのか?】について迫ります。

早期割引(早割)は搭乗日から起算して予約の時期が早いほど割引率が高くなる航空サービス

日本航空や全日空などの航空会社で利用できます。利用制限が少ない普通航空運賃であるノーマルチケットと比較すると料金は激安になります。

激安と言えない時期は、お盆や夏休み・年末年始などのピーク時・繁忙期でしょう。この期間の利用は割引率は低めの設定で、ノーマルチケットと変わらない場合もあります。格安航空チケットだけでなくツアー・団体旅行も料金は高く設定されています。予約も早くするようにしないと座席の確保が困難です。

早割を利用できる航空会社とは?

具体的には、「日本航空」「全日空」「スカイマーク」「スターフライアー」「エアドゥ」「ソラシドエア」などです。格安航空会社(LCC)である「ジェットスター」「バニラエア」「ピーチ・アビエーション」「春秋航空日本」などは早割設定はないです。その代わり一般的な航空会社よりも料金は安くで予約できます。

早割の種類は豊富で、予約する時期も1日前から75日前などと幅広い。利用者の希望するタイミングでリーズナブルな料金で予約できるのです。おトクな半面、ノーマルチケットと比べて制限がとっても多いです。例えば、「予約の変更ができない」とか「キャンセル料が異常に高いこと」です。

年度によって違いますが、一般的に28日前から75日前は早割の料金差が少ない傾向がある!

実際に、搭乗する日にちに関して調べるといいでしょうが、例えば東京から新千歳を利用するとしましょう。北海道への旅行の想定です。料金差は2000円程度です。執筆時に調べたデータですが28日前と55日前は1800円の料金差。28日前と45日前は600円しか差がないです。つまり2か月以上前購入と1か月前までの予約にはそれほど差がありません。

いかがでしたでしょうか?

料金差が大きいのは21日前から28日前の料金差です。28日前までの予約がおトクであるのが分かります。このことから旅行や出張の予定が分かっているならば28日前から早期割引を使うと安くなります。これは目安ですから、実際にあなたが利用するフライトで格安航空券を比較してみてください。