ゴールデンウィークは格安航空券なんてあるのか

- ゴールデンウィークは格安航空券なんてあるのか

サクラの季節

ゴールデンウィークは格安航空券なんてあるのか

国内格安航空チケットでは、多客期はそれほど割引が期待できません。それでも、ノーマルチケットよりは、数千円でも安ければ、お土産の予算にしたり、昼御飯代程度は捻出できたりします。今回は【ゴールデンウイークは格安航空券なんてあるのか】について掘り起こしてみましょう。

ゴールデンウイークの飛行機の座席は他の時期より割引率が低い!

日本航空や全日空の早割で比べているといいでしょう。一番おトクな早期購入割引は75日前のものです。東京から福岡の便で見たら、日本航空では10000円以上、全日空でも2000円以上、その他の時期よりも高くなっています。

格安航空会社(LCC)ではない一般航空会社の中でも航空チケットが安いとスカイマークの「いま特」を見てみました。料金は6000円程度他の時期よりもゴールデンウイークは高いです。ピーチアビエーション、ジェットスター・ジャパン、バニラ・エアなどをチェックしてみたら、この時期は料金が高めの設定です。ジェットスターは15000円以上の差がでています。

ゴールデンウイークで格安チケットをゲットする3つの方法とは?

1番目は「LCC(格安航空会社)を利用すること」です。
大手航空会社のノーマルチケットはLCCの1.5倍から5倍以上になります。予約するタイミングが早ければ割引率が高くはなります。LCCは早割はないですが、大部分はいつでも予約できます。路線数が大手と比べると限定的ですが、条件に合うならば早めに予約するといいでしょう。

2番目は「大手航空会社を利用するならば早割を使うこと」です。
発売日と同時に売り切れる可能性は高いです。75日前早期割引が狙えるかどうかでしょう。例えば5月3日に搭乗するフライトを予約するならば、2月17日までに座席を予約しなければなりません。一斉発売日があるので、テレビコマーシャルで早割のものがでてきたら、そのタイミングです。オフィシャル・ウェブサイトをチェックしておくことをお勧めします。

3番目は「一般航空会社を利用する場合は日本航空や全日空以外を選ぶこと」です。
LCCじゃない一般航空会社は日本航空や全日空以外にもスカイマークやスターフライヤーがあります。これらはどの時期でも大手よりも安く予約できます。国内格安航空券をゲットしたいならば検討の余地があります。

時期によって違いますが4000円から16000円も違う場合があります。

いかがでしたでしょうか?

ゴールデンウイークは格安の航空券なんてあるのかを検討しました。
他の時期とくらべると、早割の割引率は低め。しかし、LCCを使ったり、出来る限り早く予約したり、大手以外の航空会社を利用することで格安のチケットをゲットできます。この記事を参考にしてください。