時期によって変動する格安航空券、しっかり調べて一番安い時期を見極めよう!!

- 飛行機を使って旅行する場合に安い時期

サクラの季節

新着情報

▶2018/04/11
日本航空や全日空以外の格安航空券で検討したいスカイマークの情報を更新しました。
▶2018/04/11
ゴールデンウィークは格安航空券なんてあるのかの情報を更新しました。
▶2018/04/11
「早割」を購入するタイミングはいつがいいのか?の情報を更新しました。
▶2018/04/11
飛行機を使って旅行する場合に安い時期の情報を更新しました。
▶2018/04/11
名古屋や福岡の路線に強いスターフライヤーの情報を更新しました。

飛行機を使って旅行する場合に安い時期

格安の料金で旅行に行くには、出発日を気にするといいです。どうしても、その日しか休みが取れないならば、仕方がないですが、比較的自由に休暇が取れるならば、できるだけ旅行費用が安いほうがいいでしょう。今回は【飛行機を使って旅行する場合に安い時期】についてまとめておきましょう。

ピーク時期(多くの人達が飛行機を利用する時期)は運賃設定が違っています。

渡り船
航空運賃は一年中同じではありません。料金が高い時期と安い時期があります。特に何も施策を打たなくても座席が埋まる時期は料金が高いです。例えば、お正月を挟む年末年始時期やお盆時期です。これらの期間は仕事が休みになる人が多いです。旅行の予定が立てやすいから、帰省をする人も増えます。

料金を割引しなくても座席は埋まるのです。航空会社や旅行会社が繁忙期とかピーク時と設定している時期を具体的に整理しておきますと、年末年始・7月から8月の夏休み時期・3月の春休み時期です。細かい日付けはシーズナリティーと呼ばれており、毎年異なります。曜日との関連もあります。

繁忙期・ピーク時以外の時期は、如何に航空座席を埋めるのかが航空会社にとって大切です。観光地のベストシーズンに応じて差ができることもあります。ホテルや旅館の料金も航空座席と同じように料金が異なります。

どうすれば国内格安航空券を安く購入できるの?

安く購入するにはポイントがありますが、(1)格安航空会社(LCC)を利用する(2)早割を利用する(3)金曜日を除く平日の時期に利用する(4)フライト時間が昼から夕方の時間帯にする……などです。こういった要因に安い時期をプラスさせれば激安料金を狙うことが可能になります。

お勧め時期はいつなの?

1番目は「お正月明けから2月にかけて」です。
年末年始の喧噪が嘘のように空港は閑散とします。大学生ならば授業もない場合もありますから狙い目でしょう。3月に入ると料金が上がりますから、試験が終わってすぐに旅行に行けるようにプランニングするといいです。12月頃から日にちを決めて予約をはじめるといいのではないでしょうか?

2番目は「4月上旬から中旬」です。
卒業旅行のピークは3月で4月からは新年度がスタートします。4月に入ってからゴールデンウイークまでの期間も安い航空座席を確保するポイントになります。割引率が高いのでツアーや格安航空チケットを狙いましょう。

社会人は人事異動もあって休みが取りにくいです。学生も授業の予定が変わるので旅行のプランが立てにくいです。その一方で温かくなってくるので気候条件はいいですから旅行の狙い目なのです。

3番目は「ゴールデンウイーク明けから6月」です。
この時期も激安・最安値が狙えます。ゴールデンウイークは最も旅行客が多い季節の一つ。その時期が終わった時期から6月は連休もありませんし、季節的には梅雨になります。旅行先に梅雨と関係ないならば、検討してもいいでしょう。例えば北海道は梅雨がありません。その代わり他のエリアと比べると料金は少々高めになります。

4番目は「10月の秋の季節」です。
8月はお盆休みや夏休みがあります。
4月から5月は大型連休がありますし、9月も同じ。

こういった旅行のシーズンが終わった10月は最安値・激安の料金が期待できます。
気候はまだまだ、それほど寒くないので過ごしやすいです。
4月と比較したら社会人もスケジュールを立てやすいですから有給休暇を思い切って使うといいのではないでしょうか?

いかがでしたでしょうか?

飛行機を使って旅行する場合に安い時期についてご紹介しました。
今回ご紹介した記事を参考にしておけば、国内格安航空券や国内激安ツアーを予約できる可能性が高まります。検討してみてください。